FC2ブログ

記事一覧

人と自然の博物館見学

6月21日、三田校では、
県立人と自然の博物館において、
校外学習を行いました。

「子供の頃に来て以来! 懐かしい!」
という生徒もいました。

今回の校外学習の目的:
地域の歴史や自然について学ぶ
・身近な環境に対する意識を高め、環境に優しい行動を取れるよう、日々の生活を振り返る


hitohaku9

まずは、4階のセミナールームで、
藤井俊夫先生の講義
ニュータウンの植物(都市に残された貴重な自然)」
を受けました。

hitohaku8

三田の開発が始まったのは、
1970年。
今、フラワータウンと呼ばれている辺り、
三田市から神戸市北区にかけての地域が宅地造成されて、
大阪・神戸方面へのベッドタウンとして
山林が切り開かれました。

人と自然の博物館に隣接する深田公園には、
数々の珍しい植物が自生しています。
さらに、
人が持ち込んだ栽培種や外来種の植物も。

今回の内容は、
外来植物についてでした。

「人が歩いたところしか、
外来種は見られません。
街中とか、開発されたところとかだけです。
手つかずの自然には、外来種は入り込まない」

外来種と在来種、どちらが強いかといえば、
在来種。
外来種は成長が早いから、強く見えますが、
そもそも在来種が緊密な生態系を形成している場所には
入り込めないんです」

植物のスライドや地図、グラフを駆使して
非常に分かりやすく説明して下さいました。

その後、生徒達は別のミッションに。

くじらの骨。
hitohaku11

館内を見学して、
面白いと思ったものを写真に撮り、
後ほど画像データを学校に提出します。

注: 本ブログの記事は、取材者が撮ったもので、生徒の写真ではありません。


ドリアンの重さを体感できる。
hitohaku12

絶滅に至る道。
hitohaku10

今、よく話題になっているヒアリ。ここにも「外来」の文字が。
hitohaku6

ラフレシア。でかい!
hitohaku5

兵庫県に住む動物。
hitohaku3

石を見ていると、心が落ち着く。
hitohaku4

女子トイレの中にまで、蝶の標本が。
「怖い?」
「怖くないです、もう飛んでこないから!」
hitohaku13

サンショウウオ。
hitohaku2

人と自然の博物館、
外は鏡張りで、
周囲の緑が映って本当に綺麗です。
hitohaku1

行きも帰りも、
神戸電鉄を利用しました。
最寄りのフラワータウン駅。
hitohaku7


~*~*~*~*~*~*~

生徒の感想:
「自分は自然の多い所に住んでいるので、
 スライドの中の植物は知っているものもありました。
 でも、初めて見るものもあって、いろいろ植物について 
 知ることが出来て良かったです」

館内を巡っている間、
生徒達は、
「時間が足りないよ~」
「地震の展示、面白かった!」
「私、骨が好きなんです」
等と、大興奮。

子供の頃より、
知識が増えた分、
博物館で見るものの意味が分かってきて、
もっと面白くなる。
そういう体験になったようです。

講師の藤井先生、関係者の皆様、
有難うございました!
スポンサーサイト